瀬戸内国際芸術祭とは

※瀬戸内国際芸術祭2016は閉幕しました。たくさんのご来場、ありがとうございました。

会期

3月20日(日・春分の日)-4月17日(日) 29日間
7月18日(月・海の日)-9月4日(日) 49日間
10月8日(土)-11月6日(日) 30日間

会期総計|108日間

開催地

3シーズン開催

岡山県
宇野港周辺、犬島
香川県
直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、高松港

1シーズン開催

香川県
沙弥島[春のみ]、本島[秋のみ]、高見島[秋のみ]、粟島[秋のみ]、伊吹島[秋のみ]

主催

主催
瀬戸内国際芸術祭実行委員会
会長
浜田恵造[香川県知事]
名誉会長
真鍋武紀[前香川県知事]
副会長
竹﨑克彦[香川県商工会議所連合会会長]大西秀人[高松市長]
総合プロデューサー|福武總一郎[公益財団法人福武財団理事長]
総合ディレクター|北川フラム[アートディレクター]
 

海の復権

古来より交通の大動脈として重要な役割を果たしてきた瀬戸内海。行き交う船は島々に立ち寄り、常に新しい文化や様式を伝えてきました。それらは、個々の島々の固有の文化とつながり、育まれ、美しい景観とともに伝統的な風習として今に残されています。
今、世界のグローバル化・効率化・均質化の流れの中で、島々の人口は減少し、高齢化が進み、地域の活力の低下によって、島の固有性は失われつつあります。
私たちは、美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内海が地球上のすべての地域の 『希望の海』 となることを目指し、瀬戸内国際芸術祭を開催します。